【バギオ留学】成長日記(1~2ヶ月目)

初海外ということで毎日が新鮮で心躍っていたことを今でも覚えています!

 スケジュール

まず、私の一日のスケジュールについいて紹介します。最初の2ヶ月はIB(英語短期修行コース)にいました。その名の通りスパルタでした。その後、PSコース、TOEICコースに変更しました。

f:id:tinataku:20191221070216j:plain

 

・マンツーマンクラス最大315分(45×7コマ)

・グループクラス90分(45×2コマ)

・強制自習120分

・平日外出禁止

 

私は、全部の授業を受けると体力的にきつかったので一コマは授業をとらず休憩時間にしました。Time Scheduleだけを見ると鬼畜です(笑)

最初の2ヶ月は、授業についていくことに必死で、やるしかないという状態だったので勉強はそれなりに頑張りました。でも辛くはなかったです、むしろ楽しかったです。

 私の英語力について

自己紹介とyesとnoしか言えない英語力で留学に行きました。
文法の基礎すらできない状態でした。
英語力の参考程度に留学前に受けたtoeic の点数。

f:id:tinataku:20191221070459j:plain

最初の1ヶ月は正直、授業の内容はほぼ理解できませんでした。先生からよく言われたのは、「語彙力を増やせ」、「英語を話す事を恥ずかしがるな Don't be shy」「恐れずもっと話せ Don't be afraid」と言われ続けたのを今でも覚えています。この3つは初めはすごく意識していました。

 毎日の単語テスト(50問)

毎日単語テストが50問あります。二週間ごとに先生の入れ替えがあるため、単語テストの成績で順位が出て、優秀な人から先生が選べるシステムでした。自分の好きな先生を選ぶために単語のテストは毎日必死に頑張りました。
最初はひたすら書いて暗記していたけど、友達からのアドバイスもあり、必ず発音を聞いて何回も音読することで効率よく覚えられるようになりました。

 授業について

基本的に先生はフレンドリーで授業は楽しいです。
マンツーマンクラスは、基本的に、speaking,reading,grammer,各45×2セットずつです。グループクラスは、お題を出されてそれについてdiscussionしてた気がします。

一度、グループクラスの授業で3分間のプレゼンがあり、友達が感動する話をし、みんなが急に泣き出したけど、自分だけ話の内容が理解できず、なんでこの人たちは泣いているんだろって思ったのを今でも覚えています。それぐらい初めは何も理解できませんでした。

 まとめ

とにかく語彙力と話す事を徹底的に意識した二か月。
必ず毎日、強制自習の時間が終わった後も、さらに自習してました。この時はほんとに必死でした。早くみんなに追いつきたいと思って。夢中で勉強していました。なので辛いよというよりかは、楽しさがそれを上回っていました!

まあでも、最初の2ヶ月は言いたいことは全く言えず、とりあえず知ってる単語を言って会話をしていました。言いたいことがあるのに伝わらないのは、すごくもどかしいです。これは、英語初心者が誰でも通る道かな(笑)

 

初めての海外、勉強以外にもすごく刺激を受けました。

文化の違い、空気の汚さ、見たことのない乗り物、インフラの整っていない道路、明るい人柄、物価の安さ、トイレットペーパーは常に持参、犬には警戒せよ、など良いとこも悪いとこも、すべて新鮮に感じて、ゲームの中の世界に放り込まれたかと思いました。

それくらい異空間に感じてました。こんな世界があるのかと衝撃を受けました。それと同時に、日本の恵まれた環境に初めて、気づくことができました。

口ではみんな軽々しく言うけど、自分の肌で感じてから言え!っていまなら思います。
当たり前にできていたことは、当たり前ではなかったんだなと感じることができました。

こういうことだったのか。日本が恵まれているというのは。